東証、一時300円超高 米国株上昇を好感

東京証券取引所=東京都中央区
東京証券取引所=東京都中央区

14日午前の東京株式市場の日経平均株価は続伸した。米企業の好決算への期待から前日の米国株式相場が上昇したことを好感し、朝方からハイテク関連銘柄などに買い注文が膨らんだ。上げ幅は一時300円を超えた。

午前10時現在は前日終値比308円32銭高の2万7151円81銭。東証株価指数(TOPIX)は14・26ポイント高の1904・32。

前日の米ダウ工業株30種平均は、米航空大手が業績回復の見通しを示したことなどを材料に反発した。米長期金利の低下も追い風となり、ハイテク株主体のナスダック総合指数も値上がりした。

14日の東京市場でもこの流れを引き継ぎ買いが先行した。大型株である東京エレクトロンやソフトバンクグループなどの上昇が目立った。

会員限定記事会員サービス詳細