「全国の選挙に影響」 参院山形での擁立見送りに苦言 自民・森山氏

自民党の森山総務会長代行
自民党の森山総務会長代行

自民党の森山裕総務会長代行は14日、自ら率いる森山派(近未来政治研究会)の会合で、参院山形選挙区をめぐり、自民執行部が令和4年度予算に賛成した国民民主党に配慮する形で、候補者の擁立見送りを調整していることに苦言を呈した。森山氏は「過去に無所属候補を自民が推薦してきた歴史はあるが、野党の公認候補を応援したことはないと思う。しっかりけじめをつけておかないと、おかしなことになる。全国の選挙に影響を与えるのではないか」と指摘した。「おそらく賢明な執行部が、賢明なご判断をいただけると思っている」とも述べた。

会合後、森山氏は記者団の取材に対し、「(自民の公認候補を)立てないのは異常だ。政権政党として山形県の有権者のみなさんに選択の機会がないというのはあり得ない」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細