「助かる」「ありがたい」 東北の大動脈復活に喜び 新幹線全通

JR仙台駅に到着した東北新幹線と乗客=14日午前7時56分
JR仙台駅に到着した東北新幹線と乗客=14日午前7時56分

約1カ月ぶりに全線で運転再開した東北新幹線。東北と首都圏を結ぶ大動脈が地震による一部運休から復活したことに、利用客からは「助かる」「ありがたい」と喜びや安堵(あんど)の声が上がった。

14日午前6時、東京行きの始発のやまびこに、仙台駅から約70人が乗り込んだ。JR東日本の社員が「東北新幹線全線開通」と書かれた横断幕や小旗を手に持ち見送った。

仕事で東京に向かうという仙台市の会社経営、遠藤栄治さん(45)は「飛行機もあるけれど、新幹線は便利。助かります」とほっとした様子。6~8日にも在来線を利用して孫のいる仙台と東京を往復したという主婦(74)は「長旅で帰りはくたくただった。新幹線がどれだけありがたいか」と笑顔を見せた。

盛岡駅から出張で東京に向かう盛岡市の会社員、藁谷剛さん(52)は、「全線再開で乗り換えの必要がなくなり、仕事の予定も立てやすい」と歓迎した。

会員限定記事会員サービス詳細