宮崎マンゴー50万円 最上級「太陽のタマゴ」初競り

2個入り1箱が最高値50万円で落札された完熟マンゴー「太陽のタマゴ」=14日午前、宮崎市
2個入り1箱が最高値50万円で落札された完熟マンゴー「太陽のタマゴ」=14日午前、宮崎市

宮崎県産の完熟マンゴーで最上級品ブランド「太陽のタマゴ」の初競りが14日、宮崎市中央卸売市場であり、2個入り1箱が最高値50万円で落札された。昨年の2・5倍の「ご祝儀価格」に、資源高騰などの影響に悩む生産者からは「いいスタートが切れた」と喜びの声が上がった。

市場では午前7時の開始直後から、威勢のいいかけ声が響いた。最高値で落札した福岡市の青果店店長の坪内祐さん(31)は「生産者と一緒に頑張ろうとの思いで値を付けた」と語った。

初競りで落札された完熟マンゴー「太陽のタマゴ」=14日午前、宮崎市
初競りで落札された完熟マンゴー「太陽のタマゴ」=14日午前、宮崎市

生産者組織の代表河野俊昭さん(47)は「例年と同じく上出来。ぜひ味わってほしい」と話した。資源高ではあるが、生産コストを抑える努力で、既に流通しているマンゴーは今のところ安定した価格で推移しているという。5月下旬から6月に出荷ピークを迎える。

宮崎市中央卸売市場で行われた完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競り=14日午前
宮崎市中央卸売市場で行われた完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の初競り=14日午前

会員限定記事会員サービス詳細