「グリーン水素」 北杜の工場へ供給 山梨県、バルブ大手のキッツに

グリーン水素供給の合意書を持つ山梨県の長崎幸太郎知事(左)と、キッツの河野誠社長=14日、甲府市(平尾孝撮影)
グリーン水素供給の合意書を持つ山梨県の長崎幸太郎知事(左)と、キッツの河野誠社長=14日、甲府市(平尾孝撮影)

山梨県は14日、バルブ大手のキッツ(千葉市)と、再生可能エネルギーによる電力を使って生み出した「グリーン水素」を供給することで合意した。キッツは同県北杜市にある長坂工場で、社用の燃料電池自動車や燃料電池フォークリフトに活用していく。

県は東京電力ホールディングスや東レなどと共同で、甲府市内の米倉山電力貯蔵技術研究サイトで、太陽光発電による電力により水を電気分解して水素を製造、貯蔵する「パワー・トゥー・ガス(P2G)システム」を展開している。

今回の合意では、同サイトで製造した水素約7200立方メートル(年間)を、長坂工場の水素ステーションに供給する。購入額は明らかにしていない。同社はこれまで千葉県から化石燃料由来の水素を搬入していたが、輸送料が安くなることや、グリーン水素に切り替わるメリットがあるとして今回の合意に至った。

この日、県庁で行われた記者会見で、キッツの河野誠社長は「脱炭素に向けて水素を重点事業と位置付ける中で、グリーン水素を自社で活用し、普及に貢献していきたい」と語った。

会員限定記事会員サービス詳細