サッカー東アジア選手権、コロナで中国が開催返上 日韓が代替候補に名乗り

日本サッカー協会の須原清貴専務理事が14日、理事会後のオンライン取材に応じ、7月に中国で開催予定の東アジアE―1選手権について、開催地の変更が検討されていると明らかにした。新型コロナウイルスの影響で中国が開催を返上。代替地に日本と韓国が立候補しているという。

須原専務理事は「東アジア連盟(EAFF)が代替地の選定、選考を進めている」とした。

2003年に始まった同大会は日本、中国、韓国と予選を勝ち抜いた1チームによる計4チームで東アジア王者を決める。日本代表は国内組で臨む予定で、11月開幕のワールドカップ(W杯)へ向けた強化や選手選考の一環となる。

会員限定記事会員サービス詳細