準々決勝敗退のバイエルン、シュート45本で得点1 欧州CL

2季ぶりの優勝を逃したバイエルン・ミュンヘン=12日(AP)
2季ぶりの優勝を逃したバイエルン・ミュンヘン=12日(AP)

サッカーの欧州CL準々決勝第2戦で、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)は逸機が響いてビリャレアル(スペイン)に敗退し、7万人の大観衆を集めた本拠はため息に包まれた。後半7分にレバンドフスキが先制して勢いづくかに思われたが、フリーで飛び込んだミュラーのヘディングは枠外、左から切れ込んだコマンの一撃も外れ、終盤に痛恨の失点を喫した。

2試合を通じ、シュート45本でわずか1点と効率が悪かった。2季ぶりの優勝はならず、ナーゲルスマン監督は「もう一度前を向かなければ」と国内リーグ10連覇へ必死に気持ちを切り替えた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細