アマボクシング13冠の堤がプロ転向 井岡のジムへ

プロ転向を発表した堤駿斗
プロ転向を発表した堤駿斗

ボクシングの志成ジムは13日、千葉・習志野高や東洋大でアマチュア通算13冠の堤駿斗(22)が同ジムからプロに転向すると発表した。堤は東京都内の同ジムで記者会見し「なるべく早く世界王者になりたい。打たせずに打ち、チャンスを逃さず倒して盛り上げるボクシングをしたい」と意気込みを語った。スーパーバンタム級かフェザー級を主戦場とする見込み。

目標だった東京五輪出場はかなわなかった。「心残りはない」とプロの道を選んだ。ジムには世界ボクシング機構(WBO)スーパーフライ級王者で4階級制覇の井岡一翔が在籍しており「いろいろ勉強させていただきたい」と述べた。

26日にプロテストを受検し、今夏のデビューを予定している。

会員限定記事会員サービス詳細