筑波大生不明「厳しい処断下された」 学長が声明

29日、黒崎愛海さんの元交際相手ニコラス・セペダ被告の初公判が開かれた裁判所=フランス東部ブザンソン(共同)
29日、黒崎愛海さんの元交際相手ニコラス・セペダ被告の初公判が開かれた裁判所=フランス東部ブザンソン(共同)

フランス東部ブザンソンに留学していた筑波大生、黒崎愛海さんの行方不明事件で、殺人罪に問われたニコラス・セペダ被告に裁判所が禁錮28年の判決を言い渡したことを受け、筑波大の永田恭介学長は12日、声明を出し「厳しい処断が下された」とフランス捜査当局などに謝意を示した。

声明は「黒崎さんの志を無為にしないため、これからも日仏共同の学術発展に尽くす」とした。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細