中学生少女にわいせつ行為させた18歳男を逮捕 トー横界隈 警視庁

警視庁外観
警視庁外観

中学生の少女にわいせつな行為をさせたとして、警視庁少年育成課などは児童福祉法違反などの疑いで、住所不定、無職の男(18)を逮捕した。容疑を認めている。男は新宿・歌舞伎町で行き場のない少年らが集まる「トー横」界隈(かいわい)に出入りしていたという。

逮捕容疑は昨年10月17日、東京都新宿区歌舞伎町のインターネットカフェで、都内に住む当時中学2年生だった少女(14)に売春相手の男2人を引き合わせ、わいせつな行為をさせたとしている。

少年育成課によると、男は歌舞伎町の「トー横」に昨年夏頃から出入りしており、会員制交流サイト(SNS)を通じて少女と知り合った。同10月に初めて会い「パパ活をして、そのカネをちょうだい」などと命令したという。売春相手は男が少女のふりをしてSNSで募集し、これまで計6人と引き合わせて約20万円を貢がせていた。

男は「トー横の有名人が貢がせていたことを知り、自分もやろうと思った」、少女は「男が好きになってしまっていたので、お金をあげることにした」などと話しているという。

会員限定記事会員サービス詳細