カトパンからバトンの井上清華アナ“ホンマでっか”初登場

ひやひやデビューとなった井上清華アナウンサー(C)フジテレビ
ひやひやデビューとなった井上清華アナウンサー(C)フジテレビ

フジテレビの井上清華アナウンサー(26)が、13日放送の「ホンマでっか!?TV」(水曜後9・0)に2代目進行役として初登場する。

卒業したフリーアナウンサーのカトパンこと加藤綾子からバトンを渡された井上アナ。冒頭のタイトルコールを言い終えると早速、MCの明石家さんまから「今、声が震えていましたけども…」といじられる。

2代目が決まってから放送された番組VTRを何回もチェックし、加藤のやり方を勉強したそうで「ノートを作ってポイントをメモしていた」という。スタジオメンバーは感心するも、そのメモの内容を聞くと一瞬にして爆笑の渦に。

今回のテーマは「相方・メンバーへの不満 ホンマでっか!?集団人生相談」。A.B.C-Zの河合郁人と塚田僚一、錦鯉の長谷川雅紀と渡辺隆ら4組が互いの不満をぶちまける。塚田は「最近、河合がステージでアクロバットを全然やらない」と告発する。

やがて専門家がベルを鳴らす。この合図で専門家が自身の分析を語り始めるのだが、井上アナは「えーっと、どなたですかね」と誰がベルを鳴らしたのか見ていなかったという事態に陥る。

緊張する中でのミス…実は、井上アナが繰り返し練習していたのはこの部分で、専門家の先生たちを「はい、○○先生」とはっきりとした口調で指名することだった。その後、さんまにアドバイスされながら井上アナは「ごめんなさい」ポーズを何回も繰り返す。初アシスタントの奮闘ぶりはいかに!?

(産経デジタル)

会員限定記事会員サービス詳細