NY株続落、87ドル安 米利上げ加速を懸念

ニューヨーク株式市場のトレーダーたち(AP)
ニューヨーク株式市場のトレーダーたち(AP)

12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比87・72ドル安の3万4220・36ドルで取引を終えた。米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを加速するとの懸念が根強く、投資リスク回避の売りが優勢となった。

朝方は、3月の米消費者物価指数でエネルギーと食品を除いたコア指数の前月比上昇率が市場予想ほど伸びなかったことが好感され、360ドル超上昇する場面もあった。

ハイテク株主体のナスダック総合指数も続落し、40・39ポイント安の1万3371・57。

個別銘柄では、通信機器のシスコシステムズやクレジットカードのビザの下げが目立った。化学のダウは上げた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細