祖母強殺疑いで家裁送致 19歳孫、福島地検支部

福島県塙町に住む祖母(75)を殺害し、奪ったキャッシュカードで現金を不正に引き出したとして、福島地検郡山支部は13日、強盗殺人と窃盗などの疑いで、孫で建築板金業の男(19)=同県矢祭町=を家裁送致した。福島家裁郡山支部は同日、2週間の観護措置を決定した。

地検によると、2月9日夜~10日未明、祖母方に侵入。暴行してキャッシュカード1枚を奪い、搬送先で死亡させたほか、このキャッシュカードを使い、福島、茨城両県のコンビニのATMで現金計約300万円を引き出して盗んだとしている。

会員限定記事会員サービス詳細