京都の曺監督がコロナ陽性 ルヴァン杯はコーチ指揮

J1京都は13日、曺貴裁監督が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。同日に京都府亀岡市のサンガスタジアムbyKYOCERAで行われるYBCルヴァン・カップ1次リーグの札幌戦は、スクリーニング検査で陰性判定を受けたメンバーで臨み、杉山弘一コーチが指揮を執る。

クラブによると曺監督は11日午後に鼻水の症状があったためPCR検査を受けて陰性だったが、13日に再度実施した検査で陽性となった。Jリーグ独自の基準に照らし、濃厚接触の疑いがある者はいないという。

会員限定記事会員サービス詳細