男子生徒にわいせつ行為 中学教諭を免職 都教委

東京都教育委員会は13日、勤務校で男子生徒にわいせつな行為をしたとして、多摩地域の中学校の男性教諭(31)を懲戒免職処分とした。

都教委によると、教諭は令和2年7月、男子生徒のズボンの上から股間を2回触ったほか、昨年7月には服を脱ぐように指示し、肌着姿にさせた。いずれも夏休み期間中で、英語の補習として1対1で指導していた。

都教委の調査に「どうしてそういうことをしたのか自分でも分からない」と話しているという。

会員限定記事会員サービス詳細