20年ぶり126円台 対ドル、日米政策差で円安 物価高で消費減退懸念

外国為替市場で円安が進み、1ドル=126円台となったことを示すモニター=13日午後、東京都港区の外為どっとコム(松井英幸撮影)
外国為替市場で円安が進み、1ドル=126円台となったことを示すモニター=13日午後、東京都港区の外為どっとコム(松井英幸撮影)

13日の東京外国為替市場で円相場がドルに対して下落し、一時平成14年5月以来約20年ぶりの円安ドル高水準となる1ドル=126円台前半を付けた。金融引き締めに動く米国と金融緩和を続ける日本の政策の違いが改めて意識された。

円安は輸入品価格の上昇を助長し、原材料やエネルギーの価格高騰を通じて、さまざまな商品が値上がりする要因になる。過度な円安で物価高に拍車がかかれば家計が圧迫され、消費が落ち込み景気の減速につながる可能性がある。

会員限定記事会員サービス詳細