現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

正論

戦後規範の文明を防護する戦争 東洋学園大学教授・櫻田淳

櫻田淳氏
櫻田淳氏

ロシア・ウクライナ戦争(露宇戦争)勃発から、1カ月半がたった。

ウクライナの「中立化」と「非軍事化」を狙ったと伝えられたウラジーミル・V・プーチン大統領麾下(きか)のロシア政府の戦争目的は、ウォロディミル・O・ゼレンスキー大統領以下、ウクライナ政府・軍・市民が一丸となった頑強な抵抗に直面し、停滞と修正を余儀なくされている。

21世紀の「貪兵」と「驕兵」

ランキング

  1. 【国防解体新書】(2)敵の政治指導者を翻弄 「認知戦」が始まった 社会部編集委員・半沢尚久

  2. 【産経抄】5月21日

  3. 【主張】ミャンマーの混迷 危険への歩み見過ごすな

  4. 【主張】誤給付問題 町も法も時代に追いつけ

  5. 【緯度経度】韓国新政権の歴史的決断 黒田勝弘

  6. 【経済プリズム】石油代替の新燃料 エネ調達網、技術力で強靱化 経済部編集委員・高橋俊一

  7. 【浪速風】無関心を恐れよ

  8. 【産経抄】5月20日

  9. 【記者発】ウクライナ侵攻とドラえもん 文化部・本間英士

  10. 【大阪正論懇話会】「日本政府は製造業を守れ」 加藤康子・産業遺産情報センター長

会員限定記事