金価格、連日の最高値更新 8773円、ウクライナ有事長期化で

金地金
金地金

地金大手の田中貴金属工業(東京)は13日、金の1グラム当たり販売価格を税込みで前日より82円高い8773円と決めた。国内の小売価格の指標として2日連続で過去最高額を更新した。ウクライナ有事の長期化を受け、安全資産とされる金に資金を振り向ける動きが出ていることが要因。

外国為替市場が円安ドル高の傾向にあることも、金の円建て価格の上昇につながったとみられる。

会員限定記事会員サービス詳細