中国船が領海侵入 外交ルートで抗議

尖閣諸島を含む東シナ海上空(鈴木健児撮影)
尖閣諸島を含む東シナ海上空(鈴木健児撮影)

松野博一官房長官は12日午後の記者会見で、中国海警局の船舶4隻が同日午前、沖縄県石垣市の尖閣諸島周辺の領海に相次いで侵入してきたことに対し、中国に外交ルートを通じて厳重抗議したと明らかにした。いずれの船舶も同日午前に領海から退去した。

松野氏は、海警局の船舶による領海侵入について「国際法違反だ」と指摘した。その上で、海警局の船舶による領海侵入や接続水域での航行が相次いでいることに関し、「極めて深刻に考えている。引き続き緊張感を持って周辺の警戒監視に万全を尽くすとともに、中国側に対しては冷静かつ毅然(きぜん)と対応していく考えだ」と述べた。

現場海域での海上保安庁の巡視船の対応について「領海からの退去要求や進路規制を繰り返し実施し、領海外へ退去させた」と説明した。

会員限定記事会員サービス詳細