群馬県、ネーミングライツ募集 県民駐車場など計7施設

群馬県は、県有施設を有効活用し財源確保に役立てるため、県庁の県民駐車場(前橋市)など計7施設について、ネーミングライツ(命名権)のスポンサーの募集を始めた。

県はスポンサー企業などから申請書などを受理後、約1カ月間の周知期間を経て、選定委員会で意見聴取を実施。優先交渉権者を選定する流れを想定する。

具体的な愛称や使用開始時期などは、施設にふさわしいかなどの観点から県と命名権者が協議して決める。

県はネーミングライツによる収入の確保を通じて財政健全化を進めたい考え。年間の希望金額は11万円~710万円となっている。

対象施設は次の通り。カッコ内は年間希望額。県庁県民駐車場(710万円)▽県総合スポーツセンター伊香保リンク(100万円▽ふれあいスポーツプラザ(200万円)▽ゆうあいピック記念温水プール(110万円)▽日本絹の里(130万円)▽横断歩道橋(56カ所、20万円または11万円)▽ぐんま天文台(100万円)。

会員限定記事会員サービス詳細