ロシア化学兵器使用疑惑「情勢を注視」と官房長官

記者会見する松野官房長官=12日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=12日午前、首相官邸

松野博一官房長官は12日の記者会見で、ロシア軍がウクライナで化学兵器を使用した可能性があるとの一部報道について「引き続き、現地情勢を注視していく必要がある」と述べた。

松野氏は、露軍がマリウポリで化学兵器を使用したとの報道がある一方、地元幹部は化学兵器の攻撃は確認されていないと言及するなど、情報が錯綜(さくそう)している現状を明かした。

また、生物化学兵器について「使用は、いかなる場所、いかなる主体、いかなる状況でも容認されない」とする日本政府の立場を重ねて表明。「使用は深刻な結果を招く」と警告した先進7カ国(G7)外相声明も踏まえ、「引き続き、国際社会と連携しながら対応したい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細