三重大病院汚職 元教授、起訴内容を一部否認 初公判

三重大病院をめぐる贈収賄事件で、第三者供賄罪などに問われた臨床麻酔部元教授、亀井政孝被告(55)は12日、津地裁(柴田誠裁判長)の初公判で、小野薬品工業(大阪)に便宜を図った見返りに現金200万円を提供させたとする第三者供賄罪と、診療報酬を詐取したとする詐欺罪について起訴内容を否認した。医療機器メーカーに200万円を提供させたとする第三者供賄罪は認めた。

検察側冒頭陳述によると、亀井被告が小野薬品の担当者に「臨床麻酔部の研究費が足りない。寄付金が必要だ」と伝え、同社が製造・販売する薬剤「オノアクト」の使用量を増やすと約束。その後、「内緒の話」との件名のメールでオノアクトの使用量を増やす方針を部下らに示し、元准教授=詐欺罪などで有罪確定=には、実際には投与されなくても処方量を増やすよう指示した。

弁護側は「寄付を条件にオノアクトを使用すると述べたことはない」と反論。元准教授がオノアクトを投与せずに廃棄し、廃棄分も診療報酬を請求していたことについては知らなかったとした。

■三重大病院元教授を逮捕、調達業者から200万円供賄疑い

会員限定記事会員サービス詳細