風俗店従業員の女性に暴行の疑い 稲川会系組員を逮捕

神奈川県警本部
神奈川県警本部

風俗店従業員の女性を突き飛ばすなどしたとして、神奈川県警保土ケ谷署は12日、暴行の疑いで、横浜市泉区岡津町の指定暴力団稲川会系組員、三田恵介容疑者(37)を逮捕した。容疑を否認している。

逮捕容疑は昨年12月24日午後7時ごろ、同市保土ケ谷区にあるホテルの一室で、同市内に住む派遣型風俗店従業員の女性(20)の腕をひねり上げて突き飛ばし、髪を引っ張るなどの暴行を加えたとしている。

同署によると、三田容疑者は店から派遣されてきた初めて会う女性に過度なサービスを要求し、断られたことに腹を立てて犯行に及んだ。女性がその場で110番通報。同署員が駆け付けたときには、すでに三田容疑者は逃走していたため、周辺の防犯カメラ映像を解析するなどの捜査が進められていた。

会員限定記事会員サービス詳細