がん電話相談

乳がん全摘術後の再発が心配

Q 84歳の母についての相談です。昨年7月に直径2センチの乳がんが見つかり、12月に右乳房全摘術を受けました。ホルモン受容体は陽性で、わきの下(腋窩=えきか)のリンパ節8個に転移があり、組織グレードは(3段階で悪性度が最も高い)3でした。高齢のため術後の抗がん剤治療はやらないといわれ、ホルモン療法と放射線治療を受ける予定となりましたが、今年1月にコンピューター断層撮影(CT)検査を受けたところ、「間質性肺炎の可能性があり、放射線治療で悪化するリスクが高いため、放射線治療を取りやめる」と告げられました。乳がんの再発が心配で、放射線治療をやってくれる病院を探して転院させたいと考えているのですが、どうしたらよいでしょうか。

A 乳房全摘出術後、胸壁やリンパ節転移が起きやすい場所に放射線治療を行うことがあります。「局所再発」が起きるのを防ぐための治療で、リンパ節転移が多くあった場合には、きちんと放射線治療を行うのが標準とされています。でも、放射線治療によって肺に炎症が起きる「放射線肺臓炎」などの副作用もありますので、治療目的と、期待される効果と、起こりうる副作用を十分に理解して、そのバランスを慎重に判断する必要があります。放射線科医と呼吸器内科医と担当医が話し合って、「放射線治療はしないほうがよい」と判断したということですので、私も、その判断が妥当なのだと思います。

Q ホルモン療法だけで大丈夫でしょうか。担当医はホルモン療法でさえ「副作用がきつければやめてもよい」と消極的です。

A 局所再発を防ぐ放射線治療に対し、主に遠隔転移を防ぐために行うのが、薬物療法です。お母さまの乳がんは、ホルモン療法の効果が期待できるタイプですので、薬物療法としては、ホルモン療法を選択します。抗がん剤という選択肢もありますが、年齢も考えると、無理はしないほうがよいように思います。ホルモン療法でも、骨折しやすくなるなどの副作用があり、それによって命を縮めてしまう可能性もありますので、マイナスを上回るだけのプラス(治療効果)があるのか、という視点で考える必要があります。

Q 遠隔転移をきたしたら根治は難しいと言われました。とにかく再発が心配なのです。

A お母さまを思う気持ちはよくわかりますが、乳がんの再発のことだけを考えるのは、ややバランスを欠いているのではないでしょうか。84歳の日本人女性の平均余命は約9年ですので、乳がんがなかったとしても、残された時間には限りがあります。ホルモン療法をきちんと受けることで、乳がんで亡くなる可能性を5%ほど減らせますが、乳がん以外の原因で亡くなる可能性のほうがずっと高いのです。乳がんが再発するかどうかで判断するのではなく、いい状態で長生きし、残された時間を自分らしく穏やかに過ごすためには、どうするのがよいのかを考えるほうがよいと思います。放射線治療や抗がん剤治療は行わず、ホルモン療法のみを、負担にならない範囲でやっていくのがよいのではないでしょうか。やるべき治療はやっているわけですので、この先、再発のことはあまり考えすぎず、お母さまとは、今まで通り、日々の出来事など、楽しくお話しするのがよいと思います。旅行がお好きなのであれば、次の旅行の予定を考えてみてはどうでしょうか。

回答は、がん研有明病院の院長補佐・乳腺内科部長、高野利実医師が担当しました。

「がん電話相談」(がん研究会、アフラック、産経新聞社の協力)は毎週月曜~木曜日(祝日除く)午前11時~午後3時に受け付けます。03・5531・0110、無料。相談はカウンセラーが受け付けます。相談内容を医師が検討し、産経紙面やデジタル版に匿名で掲載されることがあります。個人情報は厳守します。

会員限定記事会員サービス詳細