心地よく、自分らしく

60代以上の生き生きハリ感メーク

60代以上のメークは自然体で無理なくトレンドを取り入れるのがコツです。メークでふっくらハリ感のある肌を演出し、生き生きとした表情を作りましょう。

より若い世代向けの女性誌で見られた、ツヤのある肌や、キラキラした目元などのトレンドも、60代以上のメークに反映されています。ただし、60代以上の場合、ツヤや輝きをさりげなくポイントで取り入れます。

大人の女性の顔には、どうしてもシミや小じわ、くすみなどで影ができてしまいます。影をメークで消しつつ、血色感や立体感を出すことで、ぐっと若返ります。

この春夏は、自然体で若々しい「プランプメーク」を提案します。プランプとは、ふっくら、ハリ感のあるという意味。肌や目元に、ツヤや輝きといったトレンドを無理なく取り入れましょう。

このメークで最もポイントとなるのは、ハイライトで仕上げる肌づくりです。頰やこめかみの周辺など、影になりやすい部分にハイライトを仕込み、明るさと立体感を出します。パール感が控えめのハイライトを選択すると、ナチュラルに仕上がります。

ここで注意していただきたいのは、ファンデーションの量です。シミやくすみをカバーしようと、60代以上は厚塗りしてしまいがちですが、むしろ老け顔に見えてしまいます。ファンデーションは最小限の量で薄くなじませ、目の下やシミはコンシーラーでカバーしましょう。

チークはブラシでふんわり丸くぼかして、血色感を出しましょう。ハイライトと組み合わせることで、顔をよりふっくら見せることができます。

目元はパール感のある明るめのベージュのアイカラーを上まぶたの中央あたりになじませます。たるみで影になりやすい下まぶたの目尻側にも、上まぶたと同じ色を入れると、まぶたがすっきり上昇してみえます。

眉は、ご自身の眉よりやや明るめのカラーで軽やかさを。加齢により眉尻が下がってしまうと、寂しい印象を与えがちです。眉尻を眉頭より下げないように描くことで、顔全体の印象が生き生きと見えます。

華やかさをプラスしたい場合は、ほおの高い位置にパール感のあるハイライトカラーを入れると良いです。唇にも赤みある色のリップで血色感をのせると、一気に華やかなムードが演出できます。

三島裕枝(みしま・ひろえ) 資生堂ヘアメークアップアーティスト。資生堂ブランド「プリオール」「グレイシィ」の商品開発や、宣伝・PRの撮影などのヘアメークを担当。ビューティートレンド情報分析を担当し、メークのトレンド情報を発信している。

会員限定記事会員サービス詳細