上皇ご夫妻、仙洞仮御所にお別れ 26日に赤坂御所へ

仮住まい先だった仙洞仮御所を出発される上皇ご夫妻=12日午前、東京都港区(代表撮影)
仮住まい先だった仙洞仮御所を出発される上皇ご夫妻=12日午前、東京都港区(代表撮影)

代替わりに伴う引っ越しのため、上皇ご夫妻は12日、令和2年春から約2年間を過ごした仙洞(せんとう)仮御所(東京都港区高輪)を後にされた。荷物の搬送作業のため、今後2週間は葉山御用邸(神奈川県葉山町)に滞在し、26日に新たなお住まいとなる旧赤坂御所(港区元赤坂)に入居される。

午前10時半ごろ、仮御所の門を出る際には、ご夫妻は車の窓を開け、にこやかに手を振って近隣住民らの見送りに応じられた。

ご夫妻は代替わりに伴い、天皇ご一家に皇居内の御所を譲るため、2年3月に仮住まい先である仙洞仮御所に転居された。旧赤坂御所はバリアフリー化などの改修工事が施されており、ご夫妻のお住まいとなるのに伴い、「仙洞御所」と名称が変更される。工事は新型コロナウイルス禍で遅れていたため、ご夫妻のご入居後も一部で続き、全体の完了は5、6月ごろになる見通し。

会員限定記事会員サービス詳細