時刻表は読み物です

夜は寝台、昼は座席 高度期駆けた国鉄型583系

夜は寝台車、昼は座席車として運行された583系電車。車両限界いっぱいの迫力あるフォルムで人気だった=昭和52年
夜は寝台車、昼は座席車として運行された583系電車。車両限界いっぱいの迫力あるフォルムで人気だった=昭和52年

55年前の昭和42年10月のダイヤ改正で「働きすぎ」「走りすぎ」といわれた特急型電車がデビューした。夜は寝台車、昼は座席車の昼夜兼用の581系は休むことなく乗客を運び続けた。後に交流50ヘルツ、60ヘルツ両方に対応した583系も誕生。初めて投入された列車の愛称「月光」にちなんで月光型と呼ばれた。

実際のダイヤを見てみよう。配置された南福岡電車区(現JR九州南福岡車両区)から、1日目夜、博多発の上り寝台特急「月光」で新大阪へ。2日目早朝に着くと、すぐさま車両基地で寝台を解体して座席をつくり、下り昼行特急「みどり」になって大分へ。その日は大分の基地で休み、3日目の朝、上り「みどり」で新大阪へ。基地で寝台を組み立て、下り「月光」で4日目の朝に博多へ帰ってくるのが1サイクル。距離にして約2700キロだ。

通路を挟んで左右に3段寝台が並んだ夜行仕様=京都鉄道博物館
通路を挟んで左右に3段寝台が並んだ夜行仕様=京都鉄道博物館

高度経済成長期だった当時、輸送力増強、動力近代化を進めていた国鉄は車両増による車両基地の収容力不足に悩まされていた。そこで考え出されたアイデアが長距離輸送に充当する昼夜兼用車両。昼も夜も走っていれば、基地にいる時間は短くなるというわけだ。昭和のモーレツ社員のような583系の誕生には、このような背景があった。

昼と夜の車内の様子は、同じ車両と思えないほどだった。寝台はレールと平行の形で通路を挟んで左右に3段。中段、上段を折りたたんで壁側に収容し、下段を座席の座る部分と背もたれにすれば、昼バージョンだ。何度か寝台の解体場面に出くわした。数人の作業員が、まるで特撮の合体ロボットのようにいろいろなパーツをどこかへはめ込むような作業を行っていた。

4人掛けの座席だった昼行仕様の車内=京都鉄道博物館
4人掛けの座席だった昼行仕様の車内=京都鉄道博物館

昼間の車内で不評だったのが座席が4人掛けだったことだ。特急は2人掛けのクロスシートが普通で、サービス低下というわけだ。583系を使用した昼行特急は時刻表を見れば分かった。「国鉄監修 交通公社の時刻表1978年3月号」(日本交通公社刊=現JTBパブリッシング)を開いてみよう。指定席・寝台の席番ご案内というページに、特急普通車(電車)の4人掛けがあり、これが583系だ。「有明下り1~3号、上り8~10号」「はつかり1、3、5号」などの愛称が並んだ。

583系は隆盛を誇り、大阪と九州、上野と東北を結ぶ「明星」「彗星」「ゆうづる」「はくつる」などに使われた。しかし、新幹線の延伸や夜行需要の減少で昼夜兼用のメリットはなくなり、JR移行後は活躍の場は減り続けた。JR東日本が臨時列車で使っていた編成も平成29年に引退。昼夜を問わず、全国を走り回った月光型。クリーム地に青い塗装の姿は忘れられない。(鮫島敬三)

会員限定記事会員サービス詳細