米報道官「未確認」 ロシア化学物質使用情報

米国務省のプライス報道官(ロイター)
米国務省のプライス報道官(ロイター)

【ワシントン=塩原永久】米国務省のプライス報道官は11日夜(日本時間12日午前)、米CNNテレビで、ウクライナ東部マリウポリで露軍が化学兵器の可能性がある有毒物質を投下した疑いがあるとの一部情報について「現時点で確認していない」と述べた。

ただ、プライス氏はすでに、マリウポリで露軍が攻撃に化学物質を使用する可能性があるとの「信頼に足る情報」を得ており、ウクライナ軍とも情報を共有していると説明した。その上で、現地での情報収集に向け、同国軍と連携していく姿勢を示した。

会員限定記事会員サービス詳細