ロシアの市民攻撃「おぞましい」 米国連大使、安保理会合で非難

国連安全保障理事会の会合で話すトーマスグリーンフィールド米国連大使=11日、米ニューヨーク(国連提供・AP)
国連安全保障理事会の会合で話すトーマスグリーンフィールド米国連大使=11日、米ニューヨーク(国連提供・AP)

国連安全保障理事会は11日、ウクライナ情勢を巡る公開会合を開いた。女性や子供の状況が焦点で、演説した米国のトーマスグリーンフィールド国連大使はロシア軍による市民への攻撃について「おぞましく、理解を超えている」と非難した。

トーマスグリーンフィールド氏は、ウクライナ東部ドネツク州クラマトルスクの駅への攻撃に使われたミサイルの残骸に、ロシア語で「子供たちのために」と書かれていたことに触れながら、ロシアを批判。避難民の大半が女性と子どもで、戦火を逃れても性的暴行や人身売買などのリスクにさらされると強調した。各国からもロシアへの非難が続出した。

国連児童基金(ユニセフ)幹部も演説し、ウクライナの子供の3分の2近くが家を追われていると指摘。戦闘が続いているため支援活動を行えない地域も多くあるとして、一刻も早い停戦の必要性を訴えた。

ロシアのポリャンスキー国連次席大使は、ロシア軍は市民を攻撃対象としていないと述べ、クラマトルスクの駅への攻撃もウクライナによるものだと主張した。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細