NYの地下鉄駅で乱射か、13人負傷 爆発物の情報も ガスマスクの男逃走と報道

12日、米ニューヨークで、銃撃現場に出動する救急隊員ら(ロイター=共同)
12日、米ニューヨークで、銃撃現場に出動する救急隊員ら(ロイター=共同)

米メディアによると、米ニューヨーク市南部ブルックリンの地下鉄駅で12日朝、発砲事件があり、地元当局によると少なくとも5人が撃たれ、13人が負傷した。不発の爆発物が見つかったとの情報もある。負傷者の容体は不明。乱射事件の可能性がある。

現場から逃走した容疑者とみられる男はガスマスクとオレンジ色のベストを着用していたという。市当局者によると、現場で複数の発煙装置が見つかった。現場に居合わせた乗客は米メディアに「地下鉄のドアが開いたら惨状だった。煙と血が見え、人々が叫んでいた」と語った。

在ニューヨーク日本総領事館によると、日本人が巻き込まれたとの情報はない。総領事館は在留邦人に注意を呼びかけた。

駅から煙が上がっているとの通報で消防が駆け付けた。市警は、発砲か爆発で負傷者が出たとの通報を受けた。現場の映像では、血を流した人が横たわっているという。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細