若い世代はGW前に接種を 東京都医師会長呼びかけ

東京都医師会の尾崎治夫会長は12日の記者会見で、高止まりする新型コロナウイルスの新規感染者数を減らすためには、若い世代へのワクチン3回目接種の推進が一番効果的だとして「大型連休前に接種で免疫をつけ、催しものや飲食の前には、検査で陰性を確かめてから動いていただきたい」と呼びかけた。

新型コロナの感染症法上の位置付けを巡り、季節性インフルエンザ相当の「5類」に見直すべきだとの声があることについては「医療費や検査、隔離などで社会的に混乱が起きる。複数の有効な経口治療薬ができるなどすれば引き下げてもいいのだろうが、現状では現実的に難しい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細