令和3年度の企業物価7・3%、上げ幅最大に 資源価格高騰

東京都中央区の日本銀行本店(川口良介撮影)
東京都中央区の日本銀行本店(川口良介撮影)

日銀が12日発表した令和3年度の国内企業物価指数(平成27年平均=100、速報)は前年度比7・3%上昇の107・5で、比較可能な昭和56年度以降で最大の上げ幅を記録した。

ロシアのウクライナ侵攻などによる資源価格高騰や円安進行による輸入物価の上昇を反映。今年3月の指数も前年同月比9・5%上昇の112・0となり、9・7%上昇だった2月に迫る高い伸びが続いた。

企業のコスト増加により収益が圧迫される中で、小売価格への転嫁がさらに進み、家計の負担が増す恐れがある。

会員限定記事会員サービス詳細