池江は5種目にエントリー 競泳の日本選手権

池江璃花子
池江璃花子

競泳の日本選手権(28日開幕、横浜国際プール)のエントリーが12日までに公表され、女子の池江璃花子(ルネサンス)は50メートル、100メートル、200メートルの自由形、50メートルと100メートルのバタフライの計5種目に出場登録した。

池江は3月の選考会で、世界選手権(6~7月、ブダペスト)と杭州アジア大会(9月)の代表入りを逃した。アジア大会は日本選手権の結果で代表が追加される可能性がある。

女子個人メドレーで東京五輪2冠の大橋悠依(イトマン東進)は200メートルにはエントリーしたが、400メートルは見送った。男子の瀬戸大也(TEAM DAIYA)は400メートル個人メドレーなど4種目に登録した。

会員限定記事会員サービス詳細