河村元官房長官「日韓改善へ意欲感じた」 韓国次期大統領側近と面談

韓日親善協会中央会の総会であいさつする河村建夫元官房長官=12日、ソウル(共同)
韓日親善協会中央会の総会であいさつする河村建夫元官房長官=12日、ソウル(共同)

【ソウル=桜井紀雄】日韓親善協会中央会会長を務める河村建夫元官房長官が12日、訪問先のソウルで韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期大統領の秘書室長を務める張済元(チャン・ジェウォン)氏と面談し、悪化した日韓関係の改善に向けて意見を交わした。面談後、河村氏は記者団に「日韓関係改善に向け、(韓国側が)意欲を持っていると感じた」と説明した。日韓首脳間のメッセージの伝達などはなかったという。

河村氏は同日、ソウルで開かれた韓日親善協会中央会総会で、韓国での政権交代を機に「何としても新しい日韓関係をつくっていく必要がある」と呼びかけた。河村氏は昨秋、議員を引退するまで超党派の日韓議連の幹事長を務めるなど、国会を代表する「知韓派」として知られた。

会員限定記事会員サービス詳細