現在システムメンテナンス中です

会員記事の閲覧など一部サービスがご利用できません。
ご迷惑をおかけしますがご理解のほどよろしくお願いいたします。

2月27日(日)午前5時頃まで

サービス再開時間が前後する場合があります。

→詳細へ

エール

発達障害の子育て 乗り越えるヒントを伝えます 国沢真弓

「発達障害児の子育てには、なんとたくさんのチカラを要求されるんだろう」。そんなことを、21歳になる自閉症の息子を育てながら、痛感してきました。

たくさんのチカラとは、「報告」「依頼」「謝罪」「交渉」「情報収集」「プロデュース」「周囲への働きかけ」に、「コミュニケーションが取りづらいわが子に接する」ためのチカラ…。そうそう、それから、親自身が落ち込まないよう「気持ちを立て直す」チカラです。これらを同時に使いながら暮らしているので、気がつかないうちにクタクタになってしまう親御さんがとても多いのです。

そんな発達障害の子どもたちの家族を応援したくて、10年ほど前に、一般社団法人「発達障がいファミリーサポートMarble(マーブル)」を設立しました。私自身が「こんな応援があったら良いのにな」と思うことを、待つだけでなく、自分で作っちゃおう…というのが設立のきっかけでした。

息子は2人目の子どもで、3歳のときに自閉症と診断されました。「上の子に比べて、なんだか育てにくいなあ」と感じていたところ、医師から「息子さんは発達障害です」と言われたときの衝撃は、今でも覚えています。半面、この子の育てにくさは本人の努力不足のせいでも、親の育て方のせいでもなかったんだと、ほっとする気持ちもありました。

今、ご自身のお子さんの言動をみて、成長や発達に不安を感じている方、いらっしゃるかもしれませんね。お子さんに「発達障害」という診断がつくかどうかは、私にはわかりません。知的に遅れがあるかないかも、わかりません。ただ、漠然とした不安を抱えているときの心細さ、しんどさは、私にもよくわかります。

ランキング

  1. 千葉の幕張花火大会 3年ぶり開催へ 2万人上限に

  2. もはや「顔パンツ」 新指針でも脱マスクには高い壁

  3. ノーブラ派の落とし穴?! 専門家が恐れる「たんたんたん現象」 ノンワイヤーの「涼ブラ」でキレイとラクを両立 [Sponsored]

  4. 藤井聡太棋聖、8冠ロードへ弾みつくか ヒューリック杯棋聖戦6月3日開幕

  5. 【びっくりサイエンス】急な腹痛 3割は原因不明 侮れぬ大病のサイン

  6. 【びっくりサイエンス】過剰な筋トレに死亡、がん発症リスク 東北大など解明

  7. 【動画】対談【藤井聡太棋聖×奥泉光さん】「AIと違っても自分の第一感を否定しない」 ヒューリック杯棋聖戦6月3日開幕

  8. 【Mind of SAKURA】元宝塚・美園さくらの思索 捨てるという選択

  9. 【拳闘の島 沖縄復帰50年】(26)殿堂入り世界王者・具志堅用高 消えた国民栄誉賞

  10. 投資と節約で1億円貯蓄 47歳会社員が「FIRE」を達成した極意

会員限定記事