外環道トンネル工事を停止 掘削機破損、再開に半年

東日本高速道路は12日、東京都練馬区で東京外郭環状道路(外環道)のトンネル工事中に大型掘削機「シールドマシン」が破損し、掘削工事を停止したと発表した。機械を補修して再開するまでに半年程度かかるとしている。

外環道をめぐっては令和2年10月、トンネル掘削で土砂を取り過ぎ、東京都調布市で道路が陥没し、工事を中断。今年2月25日に再開したばかりだった。

外環道は都心から約15キロの地点を環状に結ぶ。関越自動車道と東名高速道路をつなぐ都内区間が未開通で、深さ40メートル以上の「大深度地下」でトンネルを掘っていた。

会員限定記事会員サービス詳細