森保J、親善試合へブラジルと交渉

サッカー日本代表の森保一監督が11日、オンライン取材に応じ、6月の国際Aマッチデーで、国際サッカー連盟(FIFA)ランク1位のブラジルと親善試合の実現に向け、日本サッカー協会が交渉していることを明かした。

森保監督は「最終的に決定したとは聞いていない。実現すれば選手もスタッフもうれしい。サッカーを知らない人にもブラジルは名前の分かる強豪国。ライト層にも興味を持っていただける対戦になる」と話した。

11月開幕のワールドカップ(W杯)ではスペイン、ドイツとW杯優勝経験のある強豪と同組に入ることから、森保監督らは強化のためFIFAランク上位国との対戦を切望していた。

会員限定記事会員サービス詳細