ニュースで侵攻抗議の露女性、独紙で記事執筆へ

マリーナ・オフシャンニコワさん=3月15日、モスクワ(タス=共同)
マリーナ・オフシャンニコワさん=3月15日、モスクワ(タス=共同)

ドイツのメディア大手アクセル・シュプリンガーは11日、ロシア政府系テレビのニュース番組の生放送中にウクライナ侵攻反対を訴えた番組編集者の女性マリーナ・オフシャンニコワさん(43)について、自社が発行するウェルト紙のフリーの特派員として記事を執筆することになったと発表した。ロシアとウクライナ関連の記事を書くという。

オフシャンニコワさんは「記者として、自由のために立ち上がることが自分の責務と考えている」とコメントを出した。ウェルト紙のニュースチャンネルにも定期的に出演するという。

オフシャンニコワさんはロシア政府系テレビ「第1チャンネル」の社員として勤務していた3月、生放送中にキャスターの背後で「戦争をやめて」などと大書した紙を掲げた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細