金総書記トップ就任10年 松野長官、核ミサイル開発に警戒

記者会見する松野官房長官=11日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=11日午前、首相官邸

松野博一官房長官は11日の記者会見で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党総書記が党トップに就任してから同日で10年となったことに関連し「15日には故金日成(キムイルソン)主席の生誕110年にあたる」と述べ、節目に合わせて核実験や弾道ミサイル発射に踏み切る恐れへの警戒感を示した。

松野氏はミサイル発射を繰り返す最近の北朝鮮について「日本の地域、国際社会の平和と安全を脅かすもので断じて容認できない。米国をはじめ国際社会と緊密に連携し完全な非核化の実現を目指す」との政府の立場を重ねて強調した。

一方、北朝鮮による日本人拉致問題が膠着(こうちゃく)する中で「岸田内閣の最重要課題だ。引き続き、一日も早い全ての拉致被害者帰国を実現すべく全力で行動する」とした。また、平成14年の日朝平壌宣言を念頭に「拉致・核・ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を精算して日朝国交正常化実現を目指す考えに変わりはない」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細