紀子さま、結核療養の展示ご鑑賞

テーマ展示「結核療養と清瀬」をご覧になる秋篠宮妃紀子さま=11日午後2時37分、東京都清瀬市の清瀬市郷土博物館(代表撮影)
テーマ展示「結核療養と清瀬」をご覧になる秋篠宮妃紀子さま=11日午後2時37分、東京都清瀬市の清瀬市郷土博物館(代表撮影)

秋篠宮妃紀子さまは11日、東京都清瀬市の市郷土博物館を訪問し、企画展「結核療養と清瀬」を鑑賞された。

展示では、結核患者を収容するために東京府立清瀬病院(当時)が市内に開院した昭和6年以降、多くの結核療養所が開院して「東洋一のサナトリウム」と呼ばれるようになった歴史などを紹介。市民からの聞き取りや寄せられた資料について説明を受けた紀子さまは、「街の歴史をそういう形で私たちが学んだり、知ることができるんですね」と述べられた。

結核予防会の総裁を務める紀子さまは、市内にある同会の結核研究所訪問に先立って博物館に立ち寄られた。

会員限定記事会員サービス詳細