原油高対策の政府補助金「なければ大幅な価格上昇」と松野長官

記者会見する松野官房長官=11日午前、首相官邸
記者会見する松野官房長官=11日午前、首相官邸

松野博一官房長官は11日の記者会見で、原油価格高騰を踏まえた政府による石油元売り会社への補助金支給について「措置がなければ大幅な価格上昇が想定された。価格抑制の効果が確認されている」と述べた。

原油高を含めた物価高騰対策については、岸田文雄首相が緊急経済対策を4月中にまとめるよう指示したが、松野氏は「5月以降の対応は(首相の)指示を踏まえ、原油価格の高騰がどの程度、長期化をするのかという観点から政府全体で検討を行う」と語った。

一方、公明党と国民民主党が自民党との協議でガソリン税を一部を減税する「トリガー条項」の凍結解除を求める中、公明の山口那津男代表が11日、元売り業者への補助金について「それなりの効果が出ている」として解除先送りを容認する考えを表明した点について、松野氏は「3党協議の状況も注視し、何が実効的で効果的な対策かという観点から検討したい」と述べた。

会員限定記事会員サービス詳細