英女王、コロナで「疲労」 2月に感染、症状明かす

ロンドン東部にある病院のイベントにオンラインで出席したエリザベス英女王=6日(PA=共同)
ロンドン東部にある病院のイベントにオンラインで出席したエリザベス英女王=6日(PA=共同)

英メディアは10日、エリザベス英女王(95)が今年2月に新型コロナウイルスに感染したことによって「疲労困憊」していたと打ち明けたと報じた。ロンドン東部の病院に入院中のコロナ患者とオンラインで面会した際に明かした。

英PA通信によると、女王は患者に対し、コロナの感染で「とても疲労困憊の状態に陥りますよね? 恐ろしいパンデミック(世界的大流行)です」と語りかけた。女王は感染が判明した際には「軽い風邪のような症状」と発表されていた。(共同)

会員限定記事会員サービス詳細