給食のニラ、スイセンだった 子育て施設で食中毒

京都市保健所は11日、市内の子育て支援施設が給食で提供した「ニラのしょうゆ漬け」を7日に食べた園児と職員の計77人のうち4~6歳の園児12人が、嘔吐(おうと)や発熱などの食中毒の症状を訴えたと発表した。実際はニラではなく、有毒成分を含むスイセンだったのが原因だと判断した。12人は回復し、重症者はいなかった。市は施設に再発防止の指導を実施する。

ニラとスイセンは、葉の見た目がよく似ているため、ニラだと思ってスイセンを誤食し、体調不良を訴える事例が後を絶たず、過去には死亡例もある。

市保健所によると、施設側は給食で提供した植物に関し「数年前に知人から株を譲り受け、施設内で栽培していた。給食に出すのは初めて」と説明しているという。

厚生労働省などによると、スイセンの誤食例は令和3年までの約10年間で約60件あった。北海道室蘭保健所の管内では平成28年5月に死亡例もあった。

会員限定記事会員サービス詳細