トリガー先送り容認 公明山口氏、激変緩和措置「効果出ている」

公明党の山口那津男代表
公明党の山口那津男代表

公明党の山口那津男代表は11日、ガソリン税の一部を減税する「トリガー条項」凍結解除について、当面の先送りを容認する考えを示した。政府が実施している石油元売り業者への補助金支給を挙げ、「それなりの効果が出ている。ここをベースにどう措置するかを煮詰めていきたい」と述べ、補助金の拡充を軸に対応を検討すべきだと訴えた。視察先の埼玉県内で記者団に語った。

トリガー条項発動の是非をめぐっては、公明と国民民主党が自民党との協議で燃油価格高騰対策の一つとして求めてきたが、政府・与党は先送りする方向で調整を進めている。山口氏は「(発動の)提唱者の国民民主党の考え方もより柔軟になっている」と指摘。トリガー条項の対象外である重油と灯油が農家で使われている現状を念頭に「何が効果的かをしっかり見て、対応したい」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細