ロッテ松川は打撃でも貢献「完全試合」支えた18歳捕手

【プロ野球ロッテ対オリックス】8回守備を終えて佐々木朗希と話す捕手・松川虎生=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)
【プロ野球ロッテ対オリックス】8回守備を終えて佐々木朗希と話す捕手・松川虎生=ZOZOマリンスタジアム(撮影・田村亮介)

歴史的な完全試合を攻守で支えたのは、高卒新人捕手だった。3-0の六回2死満塁、ロッテのドラフト1位、松川が走者一掃の適時二塁打。変化球をバックスクリーン方向へと運んだ。フェンスに直撃してプロ初本塁打はお預けとなったが「初球から振っていこうと思っていた。点数が増えると、流れがこっちに来ると思ったので、何とか打ててよかった」と大きな追加点を挙げた。

守備では「とにかくシンプルにストライクを取っていく中で、攻めるときは攻めた。いいところをしっかり引き出せた」。3球勝負を仕掛ける場面も多く、テンポよくアウトを重ねた。

捕球にも定評がある。佐々木朗の150キロ近い高速フォークも難なく適応。完全試合がかかり、ベンチ内で緊迫した雰囲気が漂う中でも「わくわくの方が大きかった」という。最後の打者となった杉本には後逸を恐れず、3球続けてフォークを要求する強心臓ぶりもみせた。この18歳、ただ者ではない。(神田さやか)

会員限定記事会員サービス詳細