公明・山口氏、生活困窮者支援「必要」物価高で

公明党の山口那津男代表(矢島康弘撮影)
公明党の山口那津男代表(矢島康弘撮影)

公明党の山口那津男代表は11日、政府が月内に策定する緊急経済対策に生活困窮者への現金給付を盛り込む是非について「(困窮者への)物価(高騰)に対応する措置は必要だ。金額がどうとは直ちに考えていないが検討したいと思う」と述べた。視察先の埼玉県内で記者団に語った。

山口氏は「賃上げの恩恵を受けられない生活者が困窮状態に陥る。また物価高の打撃を直接被る。何らかの対応が必要だ」とも指摘した。

また、山口氏は「(参院)選挙で相当な政治空白が生じる。そこを織り込んだ財源措置を作ることが消費者の不安に応えることになるので、強く政府に迫っていきたい」とも語り、改めて今国会での令和4年度補正予算案の編成、成立の必要性を強調した。

困窮世帯への現金給付をめぐっては参院自民党が緊急経済対策で1人10万円を給付するよう提言している。

会員限定記事会員サービス詳細