斉藤国交相1億8千万円増 新藤氏は7500万円減 衆院議員資産公開

斉藤鉄夫国交相
斉藤鉄夫国交相

11日に資産公開した衆院議員のうち、前回平成30年の公開時に比べ株式を除く金融資産や不動産を最も増やしたのは、公明党の斉藤鉄夫国土交通相で1億8832万円のプラスだった。最も資産を減らしたのは自民党の新藤義孝氏で7568万円のマイナスだった。

斉藤氏に関しては、金銭信託などの有価証券が1億8066万円増えたのが主因。事務所によると実姉からの相続で増加したという。一方、新藤氏の事務所は減少理由について「父親から相続する際、負債の支払いのために定期預金を解約した」と説明している。

資産増加2位は岸信夫防衛相で1億8527万円増。自民の津島淳氏が1億4920万円増で続いた。資産減少2位は立憲民主党の下条みつ氏で6502万円減、3位は自民の土屋品子氏で6166万円減だった。

会員限定記事会員サービス詳細