札幌五輪招致で全国組織新設へ 特別顧問に橋本氏らの案

札幌冬季五輪・パラリンピック招致推進本部の会合で、あいさつする東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=3月15日、国会
札幌冬季五輪・パラリンピック招致推進本部の会合で、あいさつする東京五輪・パラリンピック組織委の橋本聖子会長=3月15日、国会

2030年冬季五輪招致を目指す札幌市が、日本オリンピック委員会(JOC)とともに全国的な機運醸成を図るための新組織「プロモーション委員会」を来月にも発足させることが11日、分かった。

政財界やスポーツ界などからメンバーを集めて「オールジャパン」態勢をつくり、招致活動に対する理解や支援を広げる狙い。特別顧問に東京五輪・パラリンピック組織委員会の橋本聖子会長、顧問には室伏広治スポーツ庁長官を迎える案が浮上している。

新組織の会長には岩田圭剛札幌商工会議所会頭、会長代行には秋元克広札幌市長とJOCの山下泰裕会長が就く見通し。全国的な経済団体の代表者や五輪・パラのメダリスト、関係自治体関係者などもメンバーに迎える方向で調整している。

会員限定記事会員サービス詳細