電動キックボードで酒気帯び運転か 会社員男性を書類送検

警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

酒を飲んで電動キックボードを運転したとして、警視庁愛宕署は11日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、東京都港区の30代会社員男性を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。男性は「電車がなく、タクシー代を使うのも嫌だった」などと容疑を認めている。

捜査関係者によると、男性は上司と3月11日夜から酒を飲み、東京都台東区の上野駅近くでレンタル利用できる電動キックボードを借りたという。愛宕署員がハンドル部分にバッグをかけていたのを見つけ、注意するため声をかけたところ、酒の匂いがしたため呼気検査を実施。基準値を上回るアルコールが検出された。

書類送検容疑は12日午前3時20分ごろ、港区浜松町の路上で、酒気を帯びた状態で電動キックボードを運転したとしている。

会員限定記事会員サービス詳細