大阪メトロ初の直営店、御堂筋線梅田駅に誕生

オープンした「メトロオーパス梅田店」。週替わりで人気商品が販売される=大阪市北区
オープンした「メトロオーパス梅田店」。週替わりで人気商品が販売される=大阪市北区

大阪メトロ御堂筋線梅田駅(大阪市北区)の北改札前に11日、期間限定で出店者が次々に入れ替わる同社初の直営店舗「メトロオーパス梅田店」がオープンした。元々あった案内カウンターの跡地を活用し、話題のスイーツや雑貨などを週替わりで販売。駅利用者らに向けた新しい店舗スタイルとして注目される。

この日からの初回は、北海道のアップルパイ専門店「パイクイーン」が登場。18日以降、週替わりで京都のフルーツサンド、府内のピロシキ、滋賀の大福餅-と専門店が続く予定だ。

キャッシュレス自販機を設置

さらに、新たな試みとして、一部商品が営業終了後も購入できるキャッシュレス専用自販機を設置。AIカメラを内蔵し、年齢、性別などによる購買傾向を分析、サービス向上に役立てる。個人を特定する情報や画像が残ることはないという。

キャッシュレス専用の自販機
キャッシュレス専用の自販機

マスク対応顔認証で決済できる

新型コロナウイルス禍での駅店舗のあり方を検証するため、「マスク対応顔認証決済」の実証実験も行う。決済までの待ち時間削減や利便性向上で利用頻度が上がるかどうかなどを調べる。12月25日まで実施する予定。

マスク対応顔認証で決済
マスク対応顔認証で決済

今年夏には、御堂筋線なんば駅に2号店を開業するほか、駅周辺の他の商業施設などにも同様の店舗形態を拡大したい考えという。マーケティング事業本部の担当者は「世の中のトレンド(流行)に敏感な店舗を展開していきたい。自分へのちょっとしたご褒美や家族への土産など普段使いで利用してもらえるようになれば」とし、同社の多角化戦略は加速しそうだ。

同店舗は午前11時~午後9時(日曜は午後8時まで)。

会員限定記事会員サービス詳細